もうiPodとしても利用しなくなってきた見た目は綺麗だけどバッテリーが満身創痍なiPhone5のハウジング交換

左:交換前のiPhone5。充電しても数時間しかもたない。膨張はまだしてない。外装はキレイめ
右:iPhone7風のiPhone5用ハウジング

着々と黙々と淡々とパーツを移設。バッテリーも交換。手順は分解工房さんやYoutubeを参考に。難しくはないがただただ面倒。これはお金を貰ってやる作業

P5230752

なんやかんやで完成。作業時間は手馴れてないせいか1時間半。裏から見たらぱっと見は小さいiPhone7というかiPod Touch風。自分じゃ裏側見ないのにただの自己満足。

表から見るとやはりiPhone5。TouchIDじゃないしそもそも小さいし。人には見せないけどモデルがME039J/Aと揺るぎないiPhone5。OSも10.3.3で止まってる

P5230756

1台目(左)iPhone5 ブラック&スレート → iPhone7風マットブラック $18.00 / バッテリー交換 $5.90

2台目(右)iPhone5 ホワイト&シルバー → iPhone5 レッド/ホワイト $19.00 / バッテリー交換 $5.90

2台目はチョット慣れたのと移設はロジックボードとリアカメラ、バッテリー交換だけ(作業楽々フレキ付きを購入)なので30分程度。手間と時間はかかるもののコスト的にも満足度は高い。

P5230758

Apple Store無き後Genius Barでの純正交換は、なんせ作業に入る前の待ち時間が長い。市内には修理屋さんも何件かあるけどバッテリー交換は5000円程度。2台分となると単純にその倍。いずれにせよハウジングの交換なんてやってくれるのかどうかも判らないし、やってくれても高いだろうし。今回はハウジング交換とバッテリー交換が2台で約5000円。バッテリーだけなら1個700円弱。ただし注文からパーツ到着まで14日~20日程度かかったので、お急ぎの場合はお勧めしない。モノによってはB品も混じっているのが中華通販。最初から塗装欠けや少々の擦り傷はご愛敬。と言うことでケースを探すもこんな変態iPhoneのサイズに合うケースなんて見つからない。多少の傷はついても良いけど皮脂汚れは免れたいが当面は裸運用。

6s(Red/White)と6Plus(8風Red)のハウジングとバッテリーを追加で発注